相模原市のインプラント | あべ歯科医院
HOME>インプラントに装着する歯の種類

インプラントに装着する歯の種類

審美性を求められる方はオールセラミックをお勧め致します。
神経を抜いたために変色し、他の歯と色が合わなくなって前歯。 オールセラミックの薄い板を貼り付け、審美的に調和のとれた美しさが得られました。


時間経過により冠の裏の金属が露出して、隙間が黒く見えます。 オールセラミックは金属を使っていないので、隙間から黒い金属が見えることはありません。

オールセラミックは金属を使っていないので、歯と歯肉の隙間から金属が見えることはありませんので美しさや輝きを手に入れることはもちろん、歯の形を変えることも可能です。デメリットは高価だという事です。

ハイブリッドセラミックス

ハイブリットセラミックとはセラミックとレジンとガラスを混合させた素材です。メリットは硬さが歯と同じ硬さなので噛みしめた時、咬合の負担がインプラントにも対合歯にも優しいので、臼歯部にお勧めで、セラミックより安価だという事です。デメリットは表面のつやがあまり無いので、前歯部にはメタルボンドの方が見た目が美しいです。
ポーセレンメタルボンド

ポーセレンメタルボンドは、被せ物や差し歯の全体をセラミック材料(陶器材料)で覆い、内側を金属で補強したものです。
セラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、非常に丈夫で長持ちであり色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはセラミックよりメタルボンドが適しています。