相模原市のインプラント | あべ歯科医院
HOME>インプラントの流れ

インプラントの流れ

あべ歯科医院のフラップレスインプラントの流れ


術式、費用の説明をして現在の症状や患者様の健康状態をお聞きします。分からない事や困ったことがあれば気軽にご相談下さい。




どの場所にインプラントを埋入するかを御説明させていただく為に、歯の型を取らせていただきます。
(歯の型取りには費用はかかりません)




インプラントの埋入場所が決まりましたら、シリジェットという麻酔器を使い、痛みが無いようにゆっくりと時間をかけて歯肉の表面に麻酔をして手術準備完了です。




歯肉パンチでハンコを押すように穴を開けます。
(麻酔をしてありますので、痛みはありません)




穴の開いた箇所を細いバーから太いバーへ段階的にやさしく
ゆっくり押し進み骨に穴を開けます。




バーで開けた穴にインプラントをゆっくり埋入します。ここまで手術開始から約15分で終了します。

この時点でほとんど出血が無いので驚かれる患者様が多いです




インプラントを埋入して1~3日してから出血が無いか?腫れていないか?予後を確認して、患部に消毒をします。




インプラントと骨がしっかり癒着するまで、約3か月かかります。癒着するまでの間、前歯部では仮歯を装着して、奥歯部では今使用している義歯が使えるようにします。
(仮歯はその日の内に作成可能です。費用は本数によって異なりますのでご相談ください。)




癒着したのを確認して、患者様に選んでいただいた歯を装着します。これで、自分の美しい歯を手に入れました!!(当院では銀歯、ハイブリッド、オールセラミック、メタルボンドなどを扱っています。御予算によって変更も可能です。)




自分の歯を手に入れても、歯をそれまでと同じ扱いをしていては元に戻ってしまうこともあります。
また咀嚼サイクルが安定するまで6~9ヵ月ほどかかる場合があるために'咬合のチェックを頻繁に行う必要があります。特に上部構造装着後は1ピースタイプ、2ピースタイプともにセメント合着します。合着前に適合性の確認を必ず行います。咬合調整はライトタッピングで他の残存歯より軽い接触にし強く噛んだ時に残存歯と同等の接触が得られるようにします。咬合調整H偏心運動時には干渉がないように十分行う必要がありますので3ヵ月、6ヵ月にリコール、予後経過をチェックする事が大事です。
定期的にメンテナンスに通い、日ごろのご自身のお手入れも欠かさないように気をつけましょう。



完治するまで、約4か月を見ていただいております。フラップレス手術のメリットは肉を切らないので、予後腫れたりだとか、痛みが少ない事です。
治療の流れを見ていただいても分かる様に手術時間も非常に短いです。当院の院長のインプラントの実績は1000本を超えます。確かな技術と豊かな経験で患者様の立場にたった治療を心がけております。
インプラント手術に怖い、痛い、というイメージのお持ちの方はお気軽にご相談下さい。


インプラントの費用>>