相模原市のインプラント | あべ歯科医院
HOME>あべ歯科医院のインプラント

| あべ歯科医院のインプラント |

フラップレスでインプラント埋入出来ないケース

フラップレスを行う場合十分な歯肉、顎骨が必要です。患者さまによっては骨の高さ、幅が足りない事があります。その時は骨を増殖させてからフラップレスを行います。
骨を増殖する方法としては、下記の方法があります。
(最低10mm以上の骨と、インプラントの周囲に1mm以上の骨が必要になります。)



上顎洞(奥歯の上に存在する骨の空洞になっている部分)が5mm以上の場合特殊な器具を用いて上顎洞の底を押し上げ、押し上げた部分に下から小さな 穴を開けてゆっくりと骨補填材(人口骨)を填入します。骨の密度が高まるので歯槽骨(歯を取り囲み、歯槽を形成する骨)の高さが確保されます。
ソケットリフトの場合、穴が小さいので術後の出血、腫れが殆どありません。

 
インプラント治療の流れへ>>